アップル、定額音楽配信サービス「Apple Music」を発表! 気になる点まとめ

もうすでにいろんなニュースサイトやブログに書かれていますが、アップルが定額音楽配信サービス「Apple Music」を大方の予想通り発表しました。日本でも提供されるのか? 曲数は? 要点と不明点、気になる部分をまとめました。

要点まとめ

すでに他のニュースサイトが分かりやすく書かれているので、サラッと箇条書きでまとめてみました。

  • 定額音楽配信サービス始めるよ。
  • アメリカでは」月額9.99ドルで提供。最初の3ヶ月は無料だよ。
  • iOSMac / WindowsのiTunes、AppleWatchAndroid(今秋予定)で提供されるよ。
  • 6月30日から「100カ国以上で」提供開始。日本でも「まもなく」始めるよ。
  • 色んなところから人気DJを呼んでお届けするグローバルネットラジオ局「Beats 1」もイチオシだよ。
  • 「Connect」機能ではアーティストたちが投稿したコンテンツを僕たちがコメントしたり「いいね」したりできるよ。
  • すべての曲はiCloudから再生するよ。Apple Musicで配信されていない曲がiTunesライブラリにあれば、それもiCloudにアップロードするよ。

こんな感じです。

最後のiCloud云々の項目に関しては正直良くわからなかったのですが、これはiTunes Matchの機能そのものですよね。Apple Musicはあなたがすでに購入したiTunesの楽曲やCDからインポートした楽曲を含め、すべての曲を一元管理するようです。

Apple Musicはこれまでの定額音楽配信サービスと違って、iTunesやiOSの「ミュージック」アプリと統合して、すべての曲が(これまでのiTunesライブラリと同じように)あなたのライブラリに存在するように振る舞うサービスになってるんだと予想しています。

まだわからない点

まず値段ですが、アメリカで9.99ドルで提供されるからと言って日本で1,250円程度でそのまま提供されるかは分かりません。公式サイト等を見ていると全世界で同じ楽曲が提供されそうな気はしますが、もし権利関係の問題で一部のJ-POP等が日本でのみ配信ということになれば、それに伴い値段も上がるかもしれません。

また、提供開始日について、6月30日から「100カ国以上で」となっているものの、日本の公式サイトでは「まもなく」開始という表現になっており、これが6月30日なのか、それより後になるのかは不明です。

提供曲ですが、「iTunes Storeで配信されている全曲」みたいな文言はどこにも見当たらないので、今iTunes Storeにある曲がなんでも聴けるようになるわけではなさそうです。

何はともあれ

楽しみですね。最近日本でも「AWA」の提供開始や「LINE MUSIC」の発表など、定額音楽配信サービスが芽生えているところですが、このApple Musicがこれら他社サービスを駆逐する勢いなのは間違いありません。洋楽の提供曲数はもはや心配するところではありませんが、問題はやはり邦楽のラインナップです。できるだけ多くの邦楽を提供して欲しいですね。

https://www.apple.com/jp/music/

AWAもアワアワしてるんでしょうか。

定額音楽配信サービス「AWA」提供開始! その実力は・・・?

関連記事