定額音楽配信サービス「AWA」提供開始! その実力は・・・?

SpotifyやPandoraはいつ日本に来るのやら・・・と日々考えている皆さんに、新しい音楽配信サービス開始のお知らせです。その名は「AWA」。Music Unlimitedサービス終了で「始まってないのに終わってる」感ある日本のこの手のサービス界ですが(KKBOXとか割といいですよ)、この新星の実力はいかほどでしょうか。早速使ってみました。

Avex + CyberAgent

AWA-nav

AWA」は、音楽レーベル大手のエイベックスと、アメーバで有名なサイバーエージェントが合弁で設立したAWA株式会社による新しい定額制音楽配信サービスです。

エイベックスはもちろん、国内の大手レーベル、例を挙げると「ソニー・ミュージック」や「ワーナー・ミュージック」、アイマスで有名な「日本コロムビア」、「ポニーキャニオン」などが参加を表明しており、現在の国内音楽配信サービスにありがちな「洋楽は充実しているが邦楽はちょっと・・・」という状況を一気に覆す可能性があります。

配信曲数はサービス開始時点で100万曲あるほか、2015年末までに500万曲、2016年末までに1,000万曲に増やすと発表しています。

Google Play – AWA

App Store – AWA

公式サイト

料金

気になる料金ですが、太っ腹なことに最初の90日間は無料で利用することができます。実際に試しましたが、会員登録などの操作が不要で、クレジットカード等の入力も一切ありませんでした。Google/Appleアカウントと紐付けしているようです。

90日後の料金はLiteプランが360円/月、Premiumプランが1,080円/月となり、Liteプランはラジオとプレイリストの視聴が、Premiumプランはそれに加えてオンデマンド視聴(検索機能?)やプレイリストの作成・公開ができるとのこと。

対応デバイス

現時点での対応プラットフォームはiPhoneおよびAndroidのみとなっており、PCで利用できないのが残念ですが、今後PCやタブレットなど様々なデバイスに順次対応していくとのことです。

 

実際に使ってみた

早速Androidアプリをインストールしてみました。最初の画面で「Start」を押すとすぐに利用開始でき、入力等はなにもありませんでした。GooglePlay上のアプリ説明文では、Premiumプランは自動更新されるとあり、また解約方法が説明不足なことからレビューがやや荒れているようです。ただ、現時点では試用開始では契約処理そのものが行われていないようなので、無料期間終了前に何らかのアクションがあるものと思われます。

2015年5月30日追記:

無料期間終了後にPremiumプランに自動課金されることは無いとのことです。よって、無料期間中に利用をやめる場合はアンインストールだけすればOKです。

豊富なプレイリスト

AWAはプレイリスト型の音楽配信サービスなので、運営側が用意しているプレイリスト(現時点で6,000あるとのこと)やユーザーが作成したプレイリストを流すという聴き方が主流になっており、UIもこれをメインに据えたシンプルな構成になっています。

awa_topAWA

ヒットチャートや人気のプレイリストが並べてある「TRENDING」、聴取傾向からオススメのプレイリストを表示する「DISCOVERY」、ジャンル毎のプレイリストを集めた「GENRE」、RELAX や MORNINGなど気分や用途ごとに集めた「MOOD」、ジャンルや年代ごとに音楽を流し続ける「RADIO」の5つの画面があり、これらからプレイリストを再生することで「何を聴くか決められない」状態でもとりあえず再生を開始することができます。

また、ラジオ機能はユーザーも配信が行えるらしく、plug.djみたいなDJ気分を味わえるみたいですが、現時点ではうまく動作しませんでした。今後に期待?

もちろん、検索画面からアーティストや曲名を検索して、手動で聴くことも可能です。

邦楽は割と多め(エイベックス強し)

多数のレーベルが参加表明しているだけあって、邦楽の多さも現時点でかなり頑張っているようです。注目すべきはエイベックス系レーベルの曲数の多さ。エイベックスと聞いて「TRF」しか思い浮かばなかった僕はかなりの音楽音痴ですが、調べたところKKBOXでは全く配信されていない「大塚愛」や「3代目 J Soul Brothers」などエイベックス所属アーティストの曲が大量に存在します。

他社レーベルはエイベックスほどでは無いですが、一部ではかなり奮闘しています。競合サービスのKKBOXよりは多い印象を受けますが、僕の好きな「スピッツ」は1曲のみの配信でした。「日本コロムビア」のアイマス曲も現時点では0曲です。ジャンル別ページの3つ目のリストが「ANIMATION / VOCALOID」であることからアニソンに力を入れているのかと思いきや、こちらも配信数はかなり少ないです(ただし、エイベックス系レーベルの「ニャル子さん」などはすでに網羅されている)。ラスマス・フェイバーはありました。

サウンドトラックは意外と多く、ディズニー映画や国内ドラマのものが一定数配信されています。アナ雪もありましたよ。

音質は他のサービスと同等・外出先ではかなり苦?

Androidアプリの音質設定では、「Low 64kbps」「Normal 96kbps」「High 128kbps」の3つの項目と「Wi-Fi接続時に自動で320kbpsにする」チェック欄があり、デフォルトではNormalに設定されていました。Wi-Fiに接続しないと最大で128kbpsということになるので、KKBOXと比べると外出先では確実に劣ります。

ビットレート抜きにした音質は、まぁ他のサービスと大差ないふつうの感じです。求める人はCDを買いましょう。

音質設定
音質設定

アプリはちょっと不安定

再生中は安定していますが、プレイリストを選ぼうと画面を操作しているとたまに落ちます。1画面あたりの表示数が多いのでアプリとしては重い部類に入ると思います。それなりのスペックが要求されそうです。RAM使用量は230MBほど。バッテリーもそれなりに消費します。

以上、簡単に使ってみた感想でした。現時点でPCで使えないのが残念ですが、邦楽の配信曲数や参加表明しているレーベル一覧を見るに、かなり期待できるサービスであることは間違いないです。競合するKKBOXも頑張って欲しいです! 3ヶ月無料ですから、とりあえずインストールしてみるといいんじゃ無いかな。

エイベックス好きの人は今すぐにインスト—ルするといいと思います。

http://awa.fm/

関連記事