social_button_wall

ブログに設置するソーシャルボタンを取捨選択しよう

皆さんは自身のブログにソーシャルボタンを設置していますか? 設置しているとすれば、何のボタンを設置していますか? いろいろ種類がありますが、一体どれは必要で、どれはいらないのか。ちょっと考えてみました。

検索エンジンの次に重要視される(と思う)SNSからのアクセスを増やすなら、ソーシャルボタンの設置が不可欠ですよね。でもいろいろ媒体がありすぎて、どれもこれも設置していたらサイトは重くなるし、見た目も悪くなってしまいます。特にWordpressで「WP Social Bookmarking Light」を使っていたりすると、あれはかなりの数のSNSに対応しているのでどれを設置するか迷うと思います。

よくあるパターン

「はてなブログ」のデフォルト設定
「はてなブログ」のデフォルト設定

大手ブログサービス「はてなブログ」を開設した際にデフォルトで設置されるソーシャルボタンは「はてなブックマーク」「Facebookシェア」「Twitterツイート」「Google+」の4つでした。

はてなのサービスなのではてなブックマークのボタンが真っ先に設置されていますが、これはWordpressであっても、アメブロであってもブログなら設置しておいて損は無いと思います。

はてなブックマーク

hatebu

はてなブックマークではブックマーク数が一定数以上になると、同サービスの「新着エントリ」また「人気エントリ」というページに記事が表示され、そこから大量のアクセスが発生することがあります。

当ブログでは、「Arch Linuxだけじゃない「ローリング・リリース」ディストリ紹介」と言う記事が人気エントリ入りし、2日間で(はてブだけで)1,000PVぐらい稼ぎました(もちろん自慢です)。これはまだショボいほうで、もっと大量のブックマークを貰うとGunosyなどのキュレーションサイトでも紹介されたりして、とんでもないことになるらしいです。

はてなブックマークボタンは夢のあるボタンです。押されたらラッキーと思って設置しておきましょう。

Facebook

facebook

次にFacebookのボタン。Facebookには主に「いいね」ボタンと「シェア」ボタンがあります。この2つってどっちを設置すべきなのか悩みますが、アクセス向上を目的とするならシェアボタンのほうが圧倒的に価値が高いようです。

この2つの違いですが、まずいいねボタンはあくまでコンテンツに、つまりあなたのブログ記事に対して、あなたに向けて「いいね〜!」と言うためのボタンです。良いと思われているわけですからもちろん嬉しいですが、そこまでです。いいねボタンから新たなアクセスが発生することはあまりありません。

一方シェアボタンは、コンテンツをウォール(Facebookのタイムライン)に再投稿できるというボタンです。Twitterでいうリツイートみたいなもので、その投稿が(ボタンを押した人の)友達に向けて表示されます。そこから新たなアクセスが生まれるので、シェアボタンのほうが拡散力が高いです。

当ブログの記事上部のFacebookボタンも「シェアボタン」となっています。

Facebookいいねボタン

Facebookシェアボタン

Twitter

twitter

ツイートボタンは、個人的にはとりあえず最優先で設置しておくべきボタンだと思っています。当ブログでは最もよく押されるボタンです。ただ1アクションあたりの拡散力はFacebookシェアボタンのほうが上のようです。

一つ一つのツイート自体はすぐ流れてしまうため、大きな力を持ちません。ただ、リツイートにより短時間で多くの人の元に配信される可能性をも秘めています。これは個人的な感覚ですが、大本のツイートよりリツイートされて流れてきたツイートのほうがクリック率が高い気がします。気がするだけかもしれませんけれど!

あとツイートボタンを設置するなら、Twitter Cardの設定も忘れずしておきたいです。

Twitterボタン

Google+

googleplus

これが微妙なんですよね。まず押されたことが無いので効果がわかりません。いらないかも。他のブログ等を見ても、Facebookやツイートボタンと比べて極端にシェア数が少ないです。利用者が少ないのでしょうがないですが。

「コミュニティ」など便利な機能もあるので、SNSとしての出来は悪くないと思うんですが、邪魔ならボタンは設置しなくて良いと思います。

余談ですが、ほりべあぶろぐのGoogle+ページをよろしくお願いします!

Feedly

feedly

feedlyのフォローボタンは、プロフィール欄などに設置すると良いです。他のシェア系ボタンとは方向性が違い、記事単体というよりブログ全体の魅力が必要になると思います。

feedlyの購読者数を増やす方法については、ちょっと語っている記事がありますので是非ご覧ください。当ブログの購読も是非!

feedlyの購読者を増やす方法についていろいろ考えてみた

feedlyフォローボタン

Pocket

pocket

このボタンは僕は設置しなくていいと考えています。「あとで読む」サービスなので拡散性が低いというのもありますが、たぶんPocketを利用している人はブラウザアドオン入れてる人が多いです。そうなるとブラウザのアドレスバー等にPocketボタンが表示され、そっちを押すので、ブログにボタンを設置しておく必要は無いと思います。

実際、このブログはPocketボタンを設置していませんが、それなりに「あとで読む」入りしているみたいです。

LINE

line_send
LINEで送るボタン

LINEで送る」ボタンは、設置するならスマートフォンでのみ表示されるようにしてきましょう。PCでは押せません。

意外と効果はあるようです。TwitterやFacebookより流入が多いこともあるとかなんとか。特に10代・20代のアクセスが多いブログでは設置した方がいいと思います。

LINEで送るボタン

まとめ

  • 記事毎に設置すべきは「Twitterツイート」「Facebookシェア」「はてなブックマーク」
  • feedlyフォローボタンはサイドバーやプロフィール欄に
  • 年齢層によってはLINEで送るボタンをスマートフォン表示で設置するのもアリ

こんな感じです。ここで紹介していないマイナーなボタンは、設置する必要はあまりないと思います。Tumblrボタンとかは少し効果があるかもしれませんが・・・。微妙なところです。

関連記事