Arch Linuxだけじゃない「ローリング・リリース」ディストリ紹介

バージョンを気にせず常に最新のパッケージ群を、再インストールなしで利用できるのが素晴らしい「ローリング・リリース」。Arch Linuxが有名ですが、これを採用しているLinuxディストリビューションはほかにもあります。オススメをいくつか紹介します。

1. openSUSE Tumbleweed

dash_to_dock

現在僕がメインで利用しているのがコレ。ノベル社のディストリビューション「openSUSE」のローリング・リリース版です。openSUSEチームによってテストされた安定版のソフトウェアが日々配信されます。また、YaST等のopenSUSEの機能も搭載されています。

Tumbleweed ISOからインストールする方法のほか、すでにインストールされている通常版のopenSUSEのリポジトリを変更してアップグレードすることも出来ます。

パッケージアップデートはArch Linuxほど早くありませんが、非常に安定しています。Tumbleweedは完成品であり、通常リリース版のためのテストを目的とするものではありません。ただし、カーネルが頻繁に更新されるため、NVIDIAやATIのグラフィックカードでプロプライエタリなドライバを使いたい方は(知識がある場合を除いて)通常リリース版をおすすめします。

openSUSEのGUIインストーラを用いてインストールできるので、Arch Linuxに敷居の高さを感じている方にもおすすめです。

openSUSE Tumbleweed

 

2. Fedora Rawhide

fedora22wa

安定志向のTumbleweedと比べ、非常に挑戦的なのが「Fedora “Rawhide”」です。開発者のための開発版のFedoraという位置づけになっています。パッケージには開発版・ベータ版が多く含まれます。たとえば現時点でGNOME 3.17やlibreoffice 5.0.0、Linux 4.1.0カーネルが配信されています。GNOMEは奇数バージョンは全くの開発版なんです。

あまり長い期間使ったこと無いのでわかりませんが、TumbleweedやArch以上に安定性はシビアだと思います。ただし、決して不安定版というわけではありません。公式サイトでも”usable”という語を強調しています。

開発者の方、最新バージョン大好きベータ版もどんとこいって人におすすめです。

(画像はFedora 22)

Fedora Rawhide

 

3. Arch Linux

screenFetch-arch

ローリング・リリースの最右翼、Arch Linuxを紹介せずに、ローリング・リリースは語れません。

The Arch Wayを信条としており、シンプリシティ、ミニマリズム、簡潔性にこだわりがあります。Arch Linuxはデスクトップ環境も含まれない最小限の構成でインストールされ、ユーザーは自分が必要なものを自由に必要なだけ追加して拡張することが出来ます。

導入したいソフトウェアを自分で一つ一つ選んでインストールしていく作業は面白く、またLinuxの仕組みを知るいい機会になるかも知れません。パッケージマネージャ「pacman」は高速・軽量で、また足りないソフトウェアはコミュニティベースのリポジトリ「Arch User Repository (AUR)」を用いることでだいたい手に入ります。

自分好みの環境を構築したい方、ミニマルな構成が好きな方におすすめです。

Arch Linux 日本語Wiki

 

4. Gentoo Linux

Gblend

色んな意味で有名なLinuxディストリビューション「Gentoo Linux」。特徴として、ソフトウェア導入時に(基本的に)ソースコードからコンパイルする点が挙げられます。フラグ設定を行うことで自由に高度な最適化をすることができ、高速なソフトウェアをつくり上げることが可能になっています。Chrome OSのベースになってるらしいです。

LibreOfficeをコンパイルするとそれだけで休日が潰れるとか。

カスタマイズ好き、チューニングされた環境を構築したい方におすすめです。

Gentoo Linux

 

5. Linux Mint Debian Edition

lmde

通称「LMDE」。こちらは「セミ・ローリング・リリース」という形式をとっています。ローリング・リリースですが、1年おきぐらいにアップグレードされ、セットアップメディアが更新されるようです。DebianをベースとしたLinux Mintです。

Linux Mintより軽く、常に最新のパッケージを利用できます。また、CinnamonやMATEも同じように使用できます。セットアップメディアにはCinnamon版とMATE版の2つがあります。

また、DebianベースなのでJRiver Media Centerを簡単に・安定的にインストールできます!

Debianベース(≠ Ubuntu)のLinux Mintを使いたい方、Cinnamon / MATEが好きな方におすすめです。

LMDE2 betsy

どのディストリビューションも特徴的なので(とくにGentoo)、自分にあったローリング・リリースを見つけてください! ちなみに僕のイチオシはopenSUSE Tumbleweedです。ていうかopenSUSEが好きです! ギコギコ。

関連記事