2017年 買って良かったもの!

年末年始恒例の記事ネタ、アフィだ何だと嫌われがちな買って良かったものシリーズですが、今年はいろいろと買ったので初めて書いてみます。ランキング形式ではなく、順不同です。

1. LG 32UD99

LGの32インチ4K HDRディスプレイ「32UD99」です。発売前から割と気になっていた製品で、すでに発売されているはずの海外での情報を調べてみても、なぜか発売されているんだか延期されたんだか分からないような状況。

全体的に生産数がくそ少ないらしく、カカクコムで見ても在庫状況がほぼ「問合せ」となっています。僕は平日に日本橋のパソコン工房に行って最後の1個(?)をなんとか仕留めました。

32インチで4Kは、フル解像度(スケーリング無し)でも使えて、125%〜150%スケーリングで快適に使えるちょうど良いサイズで、僕は150%スケーリングで使っています。このサイズになれるとiMac Proの27インチなどは小さく感じるので、来年発売と噂のMac Proを狙っています。

USB Type-Cでの接続に対応しているので、MacBook Pro 2017の接続をケーブル1つで(充電ケーブルさえいらない)完結させることができます。これがくそ便利。電源供給と他の機器の接続(背面にUSBポートが2つついてる)はこのディスプレイから行えます。上の画像みたいな感じだよ。

映像の善し悪しは詳しくないので分かりませんが、素人目に発色も良く、輝度もまぶしいぐらいまで明るくできて、非常に快適なデスクトップ環境を構築できました。基本的にはPC(MacBook Pro 2017)とPS4 Proを接続しています。

Amazon

2. PS4 Pro

これ買うまでほとんどゲームやってなかった(最後に買ったゲーム機はXbox360)んですが、買ってからの今年後半はめちゃくちゃゲームやってたなあというぐらい酷使しました。半年間でプレイした主なソフトは、

  • Horizon Zero Dawn
  • プラチナスターズ
  • イース8
  • GTA5
  • うぃっちゃー3
  • DJMAX RESPECT

という感じ。ウィッチャー以外は一応クリアしてます。上の32UD99につないでいるので、4K HDRでプレイできてます。画質に関しては、プレイした中で一番きれいなのはHorizon Zero Dawnだと思いますが、さすがに4Kともなると各パーツのあらが目立つというか、もちろんきれいなんですが、もう1段階の進化はあるかなという感じ。その辺はPCとかXbox One Xだともっとすごいんでしょうか。

内容はどれもすごく面白かったです。ここまでプレイしたゲームの中で微妙だなーってのが1つもない。イース8は、2本同時購入で50%オフみたいなセールの時にプラチナスターズと一緒に買って、正直JRPG(あってるか分からない)みたいなのに食わず嫌いというか、偏見みたいなのがあったんですが、やってみるとゲーム性良しストーリー良しで一気にどハマりしました。今年の個人的ベストゲームです。

Amazon

3. Fantoni GT (デスク)

PCデスクは広さが命やで! 幅180cm、奥行き80cmの大きなPCデスクを買いました。めちゃくちゃ快適。32UD99自体がかなり大きいので半端なデスクスペースでは困るというのもありますが・・・。

奥行きもかなり大事で、キーボードを置くに追いやって技術書や書類を広げたりできます。

組み立ては友人に家に来てもらってやりました。板が40kg以上あって、一人ではとてもじゃないけど無理です。ありがとう!

まだスペース的に余裕があるので、来年は27インチ4Kぐらいのディスプレイをサブとして縦置きしようかななどと考えています。

公式サイト

4. Google Home + Philips Hue

おそらく巷の買って良かったシリーズ2017の多くで挙げられているであろうGoogle Homeさん。とPhilips Hue。でもやっぱり便利です。これまで各部屋ごとにリモコンで操作していた照明をGoogle HomeかHueのスマートフォンアプリで一括操作できます。真っ暗でリモコンどこやねんとなることが無くなりました。

個人的には防水タイプのがほしいです。風呂で使いたい。

忙しくてまだGoogle Homeのあれこれを弄れてないので、来年はIFTTT / Node.js あたりでいろいろやりたいですね。

5. MX Master 2S

説明不要なロジクールのワイヤレスマウス。これの前もロジクールのゲーミングマウス(型番忘れた)使ってました。サイドのボタンの使いやすさ等はもはや語るに及ばずですが、このマウス固有のものとして、マウスホイールを勢いよく回すとホイールモードが「カチカチ…」から「クルクルクルゥー!」に自動的に変わるのが便利です。・・・説明下手すぎるけど無理!

充電ポートがMicroUSBなのが残念。ちなみにLogicool CRAFTというワイヤレスキーボードもつかってます。

ここからはソフトウェア・サブスクリプション編。

6. Setapp

Setappは、月額9.99ドルの定額Macアプリサブスクリプションサービス。いろんなジャンルのMacアプリをダウンロード・インストールして使うことができます。有名どころだと、IconJarやYummyFTP、Ulyssesなど。アプリ数は随時増えていっています。個人的には、壁紙を選んで定期的にまわせる「Wallpaper Wizard」が気に入っています。

日常的なアップデートや新OSへの対応が必要とされる今の時代、ソフトウェアを「買い切る」というのは事情に合っていないというか、無理があると思います。Adobeしかり、Sketchしかり、ATOKしかり、これからの時代のアプリは基本サブスクリプションという形になっていくでしょうし、Setappはその点で(サブスクリプション形態でやっていけるか分からない)個人・中小ソフトウェアデベロッパーの受け皿になっていて良いんじゃないかなあと。

 

さて来年はMac Proあたりのためにお金を貯めつつ、そろそろ普通に買えるところもあるらしいSwitchやSurface Book 2あたりを狙っていきたいと思います。IYHは人生だね!

(今年買ったもの思い出したらまた追記していきます)

関連記事