flac

FLACって何?ロスレスオーディオフォーマットいろいろ

可逆圧縮(ロスレス圧縮)といえば、データを全く欠損させずにファイルサイズを小さくするする圧縮方法のことです。オーディオに限った話では無く、日常的に使われている「zip」や「png」なども可逆圧縮です。今回は様々なロスレス音声ファイルフォーマットのメリットやデメリットを紹介します。

FLAC (Free Lossless Audio Codec)

FLACはフリーでオープンソースのロスレスオーディオフォーマットです。拡張子は通常「.flac」です。

エンコードが速く、エラーに強いという特徴を持ちます。オープンソースということでメーカーが容易に対応できるため、様々なソフトウェアやオーディオ製品がこの形式に対応しています。音楽配信サイト等で配信されるハイレゾ音源もこの形式が多いですね。

対応製品も多いため非常にオススメなフォーマットですが、最大にして唯一の?欠点は、iTunesが対応していないという点。そのため、iPodやiPhoneでは簡単に扱えません(アプリで対応させることが可能だが、やや不便)。

iPod/iPhoneで音楽を聴いているユーザー以外にオススメです。

ALAC (Apple Lossless Audio Codec)

ALACはAppleが開発したロスレスオーディオフォーマットです。現在はオープンソースとなっています。拡張子は通常「.m4a」です。

圧縮率はFLACとだいたい同じです。最大のメリットはiTunesが対応している(当たり前ですが)ので、iPodやiPhoneで扱える点。

現在はオープンソースですが以前は非公開だったこともあり、対応ソフトや機器はFLACと比べるとかなり少なく、iPod/iPhoneユーザーでなければ使用するメリットはあまり無いかもしれません。

TAK (Tom’s lossless Audio Kompressor)

TAKはフリーのロスレスオーディオフォーマットです。拡張子は通常「.tak」です。

このフォーマットの特徴は、他と比べてかなり高い圧縮率と、FLAC並のエンコード速度の速さ。FLACの強化版のような感じですが、対応ソフトウェアはそれほど多くなく、ポータブルオーディオプレイヤーでこれに対応している機種は見たことがありません。

AAL (ATRAC Advanced Lossless)

AALはソニーが開発したロスレス圧縮技術です。

非可逆圧縮であるATRAC3のデータとその欠損した部分のデータを別々に記録することで、ウォークマンへの転送時に軽いATRAC3部分だけを転送できるようにしたちょっとユニークな規格ですが、SonicStageと一部のウォークマン以外では対応しておらず、仕様上CD音源を超えるハイレゾには対応していません。

ウォークマンユーザーの一部が使用しているようですが、他のソフトウェアや機種との互換性が無いためあまりオススメは出来ません。

ほかにもいろいろなフォーマットがありますが、とりあえずこれぐらいにしておきます。私の1番のオススメはもちろんFLACです。対応ソフトウェア、機種が圧倒的に多く、デファクトスタンダードになりつつあります。今までCDをmp3等でリッピングしているという方は、この機会にロスレスを試してみてはいかがですか?

関連記事