el-capitan-liveim-disable

El Capitanのライブ変換を無効にする方法

Mac OS X El Capitanの日本語入力プログラムの新しい機能「ライブ変換」を無効にする方法を紹介します。

皆さんはEl Capitanへのアップデートはしましたか? アップデートしたなら、デフォルトで日本語入力プログラム(旧・ことえり)のライブ変換機能が有効になっていて、スペースキーを押さずともリアルタイムで入力の変換が行われているはずです。

以下の記事で、実際にライブ変換を使ってみた感じを紹介しています。

【動画】Mac OS X El Capitanの新機能「ライブ変換」使ってみた

ただこれ、Macbook Airなどの非力な環境では重いし、使い慣れないから従来の入力方法に戻したい、という方も多のでは? この機能は簡単に無効化することができるので、方法を紹介します。

 

ライブ変換を無効にする方法

メニューバーの入力メニュー(「あ」とか「A」とか表示されているやつ)をクリックし、「ライブ変換」項目のチェックを外せばOKです。

入力メニューの「ライブ変換」のチェックを外す
入力メニューの「ライブ変換」のチェックを外す

もしくは、システム環境設定の「キーボード」設定にある「入力ソース」タブからも設定が可能です。この場合も、「ライブ変換」のチェックを外せばライブ変換は無効になります。

「システム環境設定」→「キーボード」→「入力ソース」
「システム環境設定」→「キーボード」→「入力ソース」

ライブ変換は革新的な機能ですが、長年使い続けたやり方を変えると逆に手が遅くなってしまうこともありますよね。あとやっぱり動作が重い・・・。

関連記事