暑い!と思ったとき見る天気予報アプリは「Yahoo!天気」がオススメ

タイトルが迷走しています。最近アホみたいに暑いですね。暑いのは良いとしても突然の雨や不安定な天気もあって、出かけるときに「今日傘いんのかい、いらんのかい!」となることがよくあります。そんなとき便利なAndroidアプリが「Yahoo! 天気」です。

天気予報アプリっていろいろあるのでどれを使うか迷いますが、個人的にはデザイン重視の海外製天気アプリよりも、雨雲レーダーや警報・注意報を詳しく表示できる日本製(日本対応)のアプリをオススメします。もしくは観賞用のデザイン重視アプリと、実用の日本対応アプリを両方入れておくのも良いかもしれません。

で、詳しい情報を表示できて日本対応のAndroid天気予報アプリで最もオススメなのが「Yahoo! 天気」です。最近のアップデートでリニューアルされてデザイン的にも情報量的にもかなり優れたものになりました。

シンプルで見やすい天気画面
シンプルで見やすい天気画面

Y!天気のメイン画面はシンプルで、今日と明日の天気が分かりやすく表示されています。フラットな天気アイコンが良いですね。6時間毎の降水確率も表示されているので、傘がいるのかどうかも判断できます。

天気を表示する地点は検索できるほか、複数の地点を登録することが出来ます。登録した地点はタブで管理され、画面を左右にスワイプすることでタブを切り替えられます。地点登録および検索は地名のほか、駅名や郵便番号も利用可能です。

また、GPSを利用した現在地をタブ登録することも可能となっています。

台風図
台風図

日本製の天気アプリらしく、警報・注意報や雨雲レーダー、衛星画像や台風情報、地震情報なども表示することが出来ます。雨雲が接近したときにプッシュ通知する機能もあり、突然のゲリラ豪雨にある程度備えることも出来る・・・かも。

このアプリで個人的に一番便利だと思うのが、通知バーに天気を表示できる機能。簡易的ではありますが、通知バーに天気アイコンと降水確率を表示させることができるので、いちいちアプリを開かずとも傘を持って行くかどうかを素早く判断できます。

通知バー表示機能。この場合は傘いらなさそうですね。
通知バー表示機能。この場合は傘いらなさそうですね。

正直天気の詳細なんて興味なくて、傘がいるのかいらないのかだけ知りたい僕にとってはかなり嬉しい機能です。

ちなみに、複数の地点を登録している場合でも通知バーに表示させる地点を選択することができます。

通知バー設定
通知バー設定

「Yahoo! 天気」はGoogle Playにて無料でダウンロードできます。Yahoo!のアプリはYahoo! IDでのログインを促してくるのが鬱陶しかったりしますが、ログインしなくても普通に利用できます。動作も軽量・軽快でバッテリー消費も微量、起動時のRAM消費は40MB程度となっています。

Google Play – Yahoo! 天気

最近のYahoo! 系アプリ、かなり頑張ってますよね。僕はYahoo! 乗換案内、Yahoo! ニュースも利用しています。検索エンジンとして利用することは全くなくなりましたが、スマートフォンでの存在感はかなり増している気がします。

関連記事