JRiverのライブラリ共有がうまくいかないときは・・・

JRiver Media Centerのメディアネットワーク機能(DLNA)を利用してライブラリを共有すれば、外出先のPCでも自宅と全く同じ音楽を聴くことができます。が、設定をミスると再生できなかったり、音量が変だったり問題が起こるようなので、解決法をまとめました。間違ってたらゴメン(・_・)

一部または全部のファイルを再生できない

→ オーディオ変換設定を確認

クライアントから音楽ファイルを再生しようとしたときに「問題が起こりました」的なメッセージが表示され再生できない場合は、サーバー側のオーディオ変換設定を確認します。

解決手順

メニューバー「ツール」の「オプション」から「メディアネットワーク」を選択し、「DLNAサーバの追加や設定…」をクリックします。

メディアネットワーク設定

「DLNAサーバ」ウィンドウにて、「オーディオ」欄を以下のように変更します。

  • モード: 「指定された出力フォーマット(必要な場合のみ)
  • フォーマット: 「PCM 24bit

僕の場合は、「ビットパーフェクト is BEST」と思ってモード設定を「オリジナル」にしていたところ再生エラーが頻発しました。

再生時の音量が小さい

→ ボリュームレベリングが有効になっている

クライアント側、もしくは「JRemote」や「EOS」等Android/iOSアプリからリモート再生したとき(特にこっちの場合に起こりやすい)に音量が小さくなるときは、ボリュームレベリング機能が有効になっている可能性が高いので、これを無効にします。

解決手順

先ほどと同じように、オプション画面の「メディアネットワーク」から「DLNAサーバの追加や設定…」をクリックし、DLNAサーバウィンドウを開きます。

「オーディオ」欄の「詳細」をクリックし、「ボリュームレベリング」のチェックを外します。

JRiverボリューム小さいとき

ボリュームレベリング機能とは、音量がまちまちな音楽ファイルを一定にしてくれるDSPで、JRiverでCDをリッピングした場合に音量情報が解析され、利用できます。・・・が、全体の音量がめちゃ小さくなります。

クライアントがPC/Mac/Linuxの場合はクライアント側のDSP設定が優先されますが、Android/iOSの場合は設定できないのでサーバー側の設定が優先され、この問題が起こるのだと考えられます。

再生が途切れる・音飛びする

→ 音質を下げる

クライアント側での再生時に音楽が突然止まって「バッファリング中 ○○%」と表示される場合は、回線速度が遅いなどの理由で音楽の転送が追いついていません。クライアント側で音質を下げることで解決できます。

解決手順

オプション画面の「メディアネットワーク」を開き、一番下の「クライアントオプション(ライブラリサーバに接続しているとき)」をクリックします。

JRiverクライアントオプション

「オーディオ変換」タブを開き、以下のように変更します。

  • 変換: 「常にオーディオを変換」
  • エンコーダ:  「MP3 高帯域幅」

外出先で貧弱な回線を使っている場合だと、ロスレス音源の転送には耐えられない事も多いです。我慢するしかないですね。

そのほかにJRiverで起こりうる問題があれば、是非教えてくださいNE。

関連記事