Apple TVは10月下旬発売。旧モデルを使って分かった用途と活用法

先日のAppleイベントで発表された「新Apple TV」の予約受付を、公式サイトに先んじて「ヨドバシ.com」が開始しています。

新型Apple TVの価格は19,870円〜、発売は10月下旬

新型Apple TV
新型Apple TV

10月23日の現時点で未だApple Storeでは予約受付等のアナウンスが行われていない新型Apple TVですが、ヨドバシカメラの通販サイトであるヨドバシ.comでは既に予約受付が開始されています

曰く、新Apple TVの販売開始日は「10月下旬」で、価格は32GBモデルが19,870円、64GBモデルが26,780円となっているようです。また、専用リモコンである「Siri Remote」の予約受付も開始されており、こちらは10,260円となっています。なお、新型Apple TVにはSiri Remoteも同梱されています。

もう10月も終わりなので、まもなくApple Storeでも予約受け付けないし販売が開始されると思われます。

10月27日追記Apple公式サイトでも取り扱いが開始されました。価格は32GBが18,400円、64GBが24,800円となっています。

 

Apple TVはこんな人が「買い」だと思うよ

新型Apple TVの強みとは
新型Apple TVの強みとは

新型Apple TVといえば、Siri RemoteによるSiriでのコンテンツ検索やtvOSによるアプリやゲームへの対応が旧機種との主な違いとなっています。僕は現行のApple TVを持っていますが、いろいろな機能が追加されて可能性が広がるとは言え、やっぱりこのデバイスは「映画やドラマ好きな人」のためのものだなあと思っています。

ゲームやアプリが楽しめるようになりますがそれはあくまで「おまけ」程度の要素で、やっぱりApple TVはiTunesやNetflix、Huluなどで映画や海外ドラマを大画面テレビで見るのがメインの使い方になりそうです。ゲームに関しては、本格的にやりたい人はPS4とか持ってるだろうし、カジュアルに楽しむならiPhoneで良いですよね。実際公式サイトのApple TVの説明ページも、かなりの部分が映画関連の説明とスクリーンショットで占められています。

というわけで、Apple TVは普段からリビングのテレビで映画やドラマをよく見る人が「買い」だと思います。旧型と比べた新型の強みは、アプリ対応によってこれまでApple TVでみられなかった映像サービスのアプリが登場する(だろう)ことと、Siri Remoteの操作性です。僕はほとんどSiri使わないんですが、それはお外でスマートフォンに向かって話しかけるのがクソ恥ずかしいからなので、おうちで「バック・トゥ・ザ・フューチャーみせろや」と叫ぶのは造作も無いことですし、Siriで映画選択できるとか超便利ですよね。正直これまでのApple TVのリモコンは操作しづらいです。

正直これまでの価格と主な用途から考えるとちょっと高いかなあと思ってしまいますが、Siriに話しかけるだけで映画を見られるという便利さはけっこう魅力的です。ただ用途が用途だけに、4Kに非対応というのはかなり痛いですね・・・。Netflixとかも一部4K対応したりして、確実にソフトは充実してきているのに。

 

こんな使い方もあるよ

メインは映画&ドラマですが、それ以外にも活用法はあります。例えば・・・

  • ホームステレオでApple Music
  • iCloudフォトの写真を大勢で見てウェイウェイと楽しむ
  • ↑はAir Playを使うことで友達のiPhoneの写真を見ることも可能
  • ゲームに興じる
  • Air PlayでテレビをMacのサブディスプレイとして使う(ただし、遅延が発生する&カクカクになるのであまりオススメできない)

などなど。ゲームは新型Apple TVの目玉機能の1つみたいになってますが、どんな感じなのかは知らないです。サードパーティのコントローラーを接続して本格的にできるらしいですけど、どうなんですかね。

関連記事