スペックがiPhone 6並になった新iPod touch発表!どんな人にオススメ?

他のニュースサイト等でさんざん取り上げられているネタをやるのか、迷いましたがやっぱり便乗します。2015年7月16日、AppleからiPod touchがリリースされました。詳しいスペック・価格等の情報をまとめました。

新しいiPod touchとは

ipod1
第6世代iPod touch

前回のリリースから3年ぶりとなる新しいiPod touch(第6世代)ですが、スペックの大幅変更がなされています。プロセッサはiPhone 4Sに採用されていたA5チップからiPhone 6のA8チップへと変更され、前モデルと比べCPUは最大6倍、GPUは最大10倍速いとされています。また、64ビットアーキテクチャを採用しています。

CPU動作周波数は1.1GHzとiPhone 6の1.4Ghzと比べるとやや劣りますが、RAMは1GB搭載しています。ディスプレイサイズは前モデルと同様の4インチ Retinaディスプレイ (1136 * 640ピクセル) となっています。

カメラも進化しており、8メガピクセルのiSightカメラを搭載(前モデルは500メガピクセル)。720p / 120fpsの動画撮影にも対応しています。

その他細かいところでは、無線LANにおいて新たに「IEEE 802.11ac」に対応。iOS 8.4を搭載し、Apple Musicにも対応しています。次期iOS 9へのアップグレードももちろん可能。

カラーバリエーションはスペースグレイ、ゴールド、シルバー、ピンク、ブルー、(PRODUCT) REDの6色。ストレージは16GB、32GB、64GB、128GBのバリエーションで発売され、うち128GBはApple Storeでのみ販売されるとのことです。

カラバリ
カラバリ

価格はそれぞれ、

  • 16GB: 24,800円
  • 32GB: 29,800円
  • 64GB: 36,800円
  • 128GB: 48,800円

となっています。iPhone 6とほぼ同様のことができながら、価格は3分の1以下。これがiPod touchの最大の利点ですよね。

本モデルは本日07月16日より発売開始され、Apple Storeで既に購入できます。

Apple – iPod touch

 

どんな人にオススメ?

僕はAndroid派
僕はAndroid派

iPhone 6と比べると安いですから、個人的には、メインでAndroidスマートフォンを使っていながらiOS端末も使いたい、もしくはiOSアプリも気になる人なんかにオススメです。もしくはiOS 9のパブリックベータをいち早く試したい開発者やメインiPhoneではできない過激なコト(脱獄とか)をしたい人にも良いかもしれません。

ソーシャルゲームやスマホゲームのヘビーユーザーは、ゲーム用マシンとしても使えます。特に前モデルと比べて大幅性能アップ、iPhone 6と同等の本モデルなら、iPhone 6でできるゲームはほぼほぼコレでも快適に動くでしょうからね。

ただ、通信するときにスマートフォンからテザリングで、となると結局そっちのバッテリーも大量消費してしまうので、iPod touchを外でも使いたいならWiMAX(最近何かと話題ですね)などのモバイルルーターを持ち歩いた方が良いと思います。

関連記事