Microsoft EdgeブラウザのアドレスバーをGoogle検索に変更する方法

Windows 10の主な変更点の1つ「Microsoft Edge」ブラウザ。皆さんはもう使いましたか? 僕は全く使ってないですが、せっかくなのでこのEdgeブラウザのアドレスバーをBing検索からGoogle検索に変更する方法を紹介します。

Edgeはアドレスバーから素早く検索をすることが出来ますが、デフォルト検索エンジンはBingです。国内シェアは数パーセントで、僕ブログも全然ヒットしないのでこれをGoogleに変更しましょう。

 

変更方法

1. EdgeでGoogleにアクセス

変更するには、まずEdgeブラウザを起動し、Googleにアクセスします。

https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl

アクセスしたら、そのまま次の手順に進みます。

 

2. デフォルト検索エンジンの変更

次に、Edgeのメニュー(「・・・」←こんなマークのボタン)から「設定」をクリックし、「詳細設定を表示」を選択します。

メニュー → 「設定」
メニュー → 「設定」
「設定」メニューから「詳細設定を表示」をクリック
「設定」メニューから「詳細設定を表示」をクリック

詳細設定メニューから、「アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー」メニュー(現時点ではBingになっている)をクリックし、「新規追加」を選択します。

「新規追加」をクリック
「新規追加」をクリック

「検索プロバイダーの追加」設定画面になるので、「1つ選んでください」から「www.google.co.jp」をクリックし、そのあとに「既定に追加」をクリックします。これで、アドレスバーの検索をGoogleに変更することが出来ました。

検索プロバイダーの追加
検索プロバイダーの追加

軽く試したところ、一度開いたことのある、対応している検索プロバイダは一覧に表示されるみたいです。Google 日本およびGoogle UK、Yahoo UK、Yandexなどは追加できることを確認しましたが、Yahoo Japanは無理みたい? です。まあYahoo JapanはGoogleの検索エンジンを用いているので、結果は変わりありませんけれど。それにしてもややこしいですね・・・。だれもBingなんて使わないのに

関連記事