iPhoneのSafariが強制終了する? 現時点での対処法まとめ

(2016年1月27日 19時40分現在)iOS 9.2.1のSafariで検索バーをタップするとアプリが強制終了するという不具合が発生しているようです。とりあえずの解決方法を紹介します。

Safariが強制終了するっぽい環境

Safariが落ちる不具合。検索バーをタップすると落ちる
Safariが落ちる不具合。検索バーをタップすると落ちる

僕の場合は、最新バージョンであるiOS 9.2.1のSafariで検索バーをタップするとアプリが強制終了する(落ちる)不具合に遭遇しました。Twitterでも「Safariが開けない」「Safari落ちる」などの不具合報告が相次いでいます。iPhoneおよびiPod touchでの不具合発生を確認しています。

iOS 9.2(一つ前のバージョン)では症状が発生しなかったため、アップデートをまだ実施していない人はちょっと待ってみた方がいいかもしれません。

 

現時点での解決方法

解決方法1: Safari検索候補をオフにする

設定アプリから「Safari検索候補」をオフにすることで強制終了を回避することができます。設定アプリを開き、メニューの「Safari」から「Safari検索候補」のスイッチをタップしてオフにします。

設定アプリの「Safari」
設定アプリの「Safari」

 

「Safari検索候補」をオフに
「Safari検索候補」をオフに

 

解決方法2: プライベートブラウズを使う

プライベートブラウズモードを使うことで検索候補が表示されなくなるので、強制終了を回避できるようです。

これを使うには、まずSafariの右下にあるタブボタンをタップします。

右下のボタンをタップ
右下のボタンをタップ

タブ切り替え画面で、左下の「プライベート」をタップします。あとはタブを作成して使ってみてください。

「プライベート」をタップ
「プライベート」をタップ

このほか、Safari以外のブラウザアプリ、たとえばGoogle Chromeなどを利用することでもとりあえず不具合を回避することができます。

関連記事