ATOK 2016 for Windowsは2月5日発売。新機能まとめ

しわっすー。師走でございますが、ATOKの次年度パッケージが発表されると「ああ、もうそんな時期か」と感じるのは僕だけではないはず。というわけで、ジャストシステムから「ATOK 2016 for Windows」が発表されました。

毎年新時代に突入している気がする一太郎とともに発表されたATOK 2016ですが、今バージョンでは新たに「ATOKインサイト」「ATOKタイプコレクト」「ATOKイミクル」という新機能が搭載されているそうです。文字だけ見ても何のことやらですね。

ATOKインサイトは同一ページやアプリで使われている単語を見て最適な推測候補を表示する機能で、メールを返信するときやSNSに投稿するときに相手や他ユーザーがすでに使っている単語を素早く入力することができるようになるみたいです。たとえば僕のTwitterタイムラインでは「アイマス」という単語が頻繁に使われているので、そのページで「あい」と入力すると「アイマス」と推測候補が優先して表示されるといった感じだと思います。

ATOKインサイトのイメージ
ATOKインサイトのイメージ

ATOKタイプコレクトは現バージョンでもすでにあるタイプミスを修正する機能ですが、ATOK 2016ではもっとめちゃくちゃなミスをしても機能するよう強化されたようです。たとえば現バージョンでは「ありがtぷ」と入力すると「ありがとう」と修正してくれたりしますが、2016だと「sとhsyぴ」とほとんど押すキーがずれているミスでも正してくれるとのこと。

そこまで間違えることはそんなにないけど・・・。
そこまで間違えることはそんなにないけど・・・。

ATOKイミクルはATOKの辞書参照が入力中じゃなくてもテキスト選択でできるになるというもの。テキストを選択してCtrlキーを2回押すと辞書が表示されるみたいです。これは結構欲しかった機能なので個人的にうれC。

そのほか、入力文字数や入力ミス数からユーザーの「疲れ」を検知して休憩を促す「リフレッシュナビ」や変換候補のサイズ拡大などの新機能があるようです。辞書面では「精選版日本国語大辞典」や8年ぶりに改訂された「ジーニアス英和辞典」がプレミアム版に収録されます。リフレッシュナビは仕事に追われている日本国民が聞く耳を持つかどうか、微妙なところですが・・・。

リフレッシュナビのイメージ
リフレッシュナビのイメージ

価格は辞書付きのプレミアム版が12,312円、通常版が8,208円です。発売日は2016年2月5日。僕はATOK Passport会員なので発売日を待つのみです。プレミアム版を予約すると、特典として「ATOKロゴ入り卵形ストレッチボール」がついてくるらしいです。なにそれ・・・。

ATOK Passportだと辞書はついてこないんですが、今回の日本国語大辞典はちょっと気になりますね〜。せっかくいつでも辞書を参照できるようになるので、辞書だけプラグインとして売ってほしいです。

ソース: ATOK 2016 for Windows

関連記事