adbuster-wall

iOS 9の広告ブロックアプリ「Adバスター」使ってみた。Crystalとは何が違うのか?

App Storeのランキング上位にあった広告ブロックアプリ(正しくはコンテンツブロック)の「Adバスター」を使ってみました。iOS 9リリース当初にランキング上位を獲得し、当ブログでも取り上げた同種のアプリ「Crystal」とはどこが違うのか、どこで人気に差が付いたのかをみてみます。

コンテンツブロックとは

コンテンツブロックとはiOS 9で新たに実装された、SafariでWebサイトを表示したときにページ中の広告などをブロック(非表示)する機能です。広告をブロックする事により、ブラウジング時のスクロール量が減って見やすくなるほか、通信量の削減やページ表示速度の改善などのメリットがあります。

iOS 9リリース直後にずいぶん話題になり、サイト利用者、運営者、広告主の各視点から広告をブロックするという事の賛否についていろいろな議論がなされました。

コンテンツブロック機能の詳細や利点、iOS 9リリース直後に人気だった(今はとある事情により人気が無い・後述)コンテンツブロックアプリ「Crystal」の紹介に関しては、以下の記事をご覧ください。

iOS 9でSafariの広告ブロック機能を利用する方法

 

Adバスターは、現在国内で一番人気があると思われる広告ブロックアプリです。App Storeのランキングでも上位にランクインしており、120円で販売されています。

App Store – Adバスター

つかいかた

App StoreからAdバスターをインストールし起動すると、Safariのコンテンツブロックを有効にする手順を見ることが出来ます。

Adバスター画面。「詳細な手順をみる」でコンテンツブロックを有効にする方法を確認できる
Adバスター画面。「詳細な手順をみる」でコンテンツブロックを有効にする方法を確認できる

手順に従ってコンテンツブロックを有効にします。まず「設定」アプリを開き、設定項目の「Safari」をタップします。

設定アプリの「Safari」をタップ
設定アプリの「Safari」をタップ

Safariの設定画面に「コンテンツブロッカー」項目があるので、タップして開きます。

「コンテンツブロッカー」設定項目を開く
「コンテンツブロッカー」設定項目を開く

コンテンツブロッカーの設定画面には、端末にインストールしているコンテンツブロックアプリの一覧が表示されます。「Adバスター」をタップして有効化すれば、設定完了です。

Adバスターを有効化
Adバスターを有効化

Safariを再起動すれば、広告ブロックが有効になります。

 

Adバスターの効果は?

Adバスターを有効にした後いろいろなサイトを見比べてみましたが、見た感じほとんどのバナー広告、オーバーレイ広告(下についてくるやつ)はブロックされていました。一部コンテンツブロックアプリに見られるようなアフィリエイトリンクやソーシャルボタンのブロックは行われないようで、個人的には良いと思いました。

広告がブロックされているようす
広告がブロックされているようす

国内デベロッパーの開発と言うこともあってか、一部の海外のアプリではブロックされない国内アドネットワーク広告、たとえばnendやYahoo! などもブロックできています。これは長所ですね。Adバスターは日本のサイトに強い広告ブロック機能を搭載していると言えそうです。

なお、一時的に広告をブロックしないで表示したいようという場合には、Safariの更新ボタンを長押しして「コンテンツブロッカーなしで再読み込み」をタップすることでAdバスターを無効化した状態でページを読み込むことが出来ます。

一時的にブロックを無効化できる
一時的にブロックを無効化できる

シンプルで使いやすく国内コンテンツにもしっかり対応しているということで、ランキング上位も納得の広告ブロックアプリと言えそうです。ただ、このAdバスターが高評価を獲得している一方でiOS 9リリース直後に人気でランキング1位を獲得したこともある「Crystal」は低評価が続出し、ランキング上位からも消滅しています。これにはどういう理由があるのでしょうか。

 

Crystal人気凋落の原因は「ホワイトリスト」?

CrystalとAdバスターを比較した場合、Adバスターのほうが国内アドネットワークのブロックに強いという違いはありそうです。実際、nendの広告はCrystalではブロックできていませんでしたが、Adバスターではできました。でもそれ以上にCrystalが低評価になってしまった原因として挙げられそうなのが、広告の「ホワイトリスト化」発表によるユーザーの失望です。

ホワイトリスト化とは簡単に言うと「料金を支払った一部のメディアを広告ブロックの対象から除外する」というものです。ホワイトリストはAdblock Plusを開発している独Eyeoが管理しており、Crystalはこれを利用して一部サイトの広告ブロックを「しない」という選択をしました。

iOS 9の人気有料広告ブロックアプリ「Crystal」、”ホワイトリスト化”でEyeoから報酬受け取りへ

Eyeoのホワイトリスト追加には料金のほか「控えめな広告である」という条件もあるようで、Adblock Plusは無償ツールで開発費が必要と言うこともあり個人的には理解できるところです。ただCrystalに関しては有料アプリである上、ホワイトリストの利用をリリース後しばらくしてから発表したという点が、このアプリへの猛烈な低評価へと繋がっていると考えられます。レビュー欄もホワイトリスト化に関する怒りコメントが多くを占めています。

Adバスターのアプリ説明欄にはホワイトリスト化を行わない旨が記載されており、これが2つの広告ブロックアプリの明暗を分けた主たる原因であると考えて良さそうです。

App Store – Adバスター

関連記事