iPhoneのミュージックアプリでApple Musicを非表示にする方法

皆さんは、Apple Musicは加入しましたか? 初期に無料トライアルを始めた方はもう期間が終了していると思いますが、更新を打ち切った方も多いのではないでしょうか。そんな方向けにiPhoneのミュージックアプリでApple Musicの項目を非表示にする方法を紹介します。

Apple Musicありきのメニュー
Apple Musicありきのメニュー

For You、New、Radio、Connect…。まぁラジオは良いとしても、ほとんどがApple Musicメンバー向けのメニュー構成となっているiOSのミュージックアプリ。改悪だと思う人も多いと思います。それでもApple Musicの無料トライアル期間中はまだ良かったですが、終わってみるとひたすら邪魔! ですが幸い、これらのメニューはApple Musicの項目を非表示にすることで「ある程度」改善することができます。

設定方法

「For You」と「New」を非表示にする

Apple Musicのメンバーしか利用できない「For You」と「New」を非表示にするのは簡単です。ミュージックアプリのFou Youメニューをタップして、Apple Musicの登録を促す画面で「必要ありません」と書いてある部分をタップします。

ミュージックアプリの「For You」画面。
ミュージックアプリの「For You」画面。

Apple Music 機能を隠しますか? という確認ダイアログが表示されるので、迷わず「はい」をタップします。これで、For YouとNewに関しては非表示にすることができました。

確認ダイアログ
確認ダイアログ

これらを非表示にすることで、「My Music」画面の上部からさらにタブで選択することを強いられていた「プレイリスト」がメニューに移動します。非Apple Musicユーザーとしては使いやすくなりますよね。

なお、Apple Musicのメンバーでかつこれらを非表示にしたい場合は登録画面が表示されないので、設定アプリの「ミュージック」項目から「Apple Musicを表示」をオフにすることで設定が可能です。再び表示させたい場合もここから設定できます。

 

「Connect」を非表示にする

Apple Musicメンバーじゃ無くても使えますが、メンバーでさえ使う人が少ない(と思われる)Connect機能を非表示にするには、設定アプリの「一般」から、「機能制限」を選択します。

設定アプリの「一般」画面
設定アプリの「一般」画面

機能制限設定画面が開くので、「機能制限を設定」をタップします。その後、機能制限解除用のパスコードの入力が求められるので、入力します。機能制限とはペアレンタルコントロールのようなもののため、解除に制限をもうける必要があるわけです。

機能制限を設定
機能制限を設定

パスコード入力後、機能制限したい項目の選択が可能になるので、Apple Music Connectのスイッチをタップしてオフにします。これで、Connectを非表示にすることができました。

Apple Music Connectをオフに
Apple Music Connectをオフに

 

まとめ

これらの設定をした後のミュージックアプリは、メニューが「My Music」「プレイリスト」「Radio」のみとなり、幾分スッキリとしました。

ミュージックアプリのメニュー
ミュージックアプリのメニュー

これによって各メニューが押しやすくなって、また押し間違いが減りますが、ミュージック機能が使いやすくなったかと言えば微妙なところです。ジャンルやアルバムをメニューに追加できなければ、操作の手順はほぼ変わりませんから。Apple Musicの登場で本当、確実に使いにくくなりましたよね。

ま、僕はiOSで音楽聴かないので良いです。

関連記事