Twitterのツイート数カウンター、11月20日までに終了することに

先月末から地味に話題になっていたTwitterのツイート数カウンターですが、11月20日までに表示を終了することがTwitterより発表されました。

count.json終了のお知らせから始まったツイート数カウンターに関するニュースですが、Twitterの公式ブログに先日投稿された記事によると、いくつかの信頼性の問題や技術的な理由からツイート数を表示する機能を11月20日までに終了し、今後はツイートボタンにツイート数を表示しなくなるとのことです。

具体的には、カウントAPIがパブリックAPIに含まれていないこと、Twitterが移行を目指している自社開発の分散型データベース「Manhattan」とは異なり、カウントシステムがNoSQLデータベースの「Cassandra」に依存していることなどが挙げられています。

また、これまで表示してきたカウンターにはリプライや引用RTなどを含んでおらず、ツイートした(カウントされた)ユーザーの影響度も分からないため、Twitterのインパクトを反映していないとも述べられています。

Twitterとしては、反対意見が多いカウンターの廃止に関して、終了に至った経緯を公開することでユーザーの理解を深めたいという狙いがある模様です。

このブログのソーシャル共有スペース
このブログのソーシャル共有スペース

このブログでは、記事下部のツイートボタンに関しては読み込み遅延防止のため以前からカウンターを非表示にしています。でもこれ、ほかのFacebookやはてブなどのボタンがカウンター付きなのに対してTwitterだけ小さいボタンで、不格好なんですよね~。早いとこ対策を考えないといけませんね。

またカウンター終了とともに、ボタン全体のデザインも刷新されることになっています。みなさんも、何らかの形でWebに関わっているならソーシャルボタン部分の見直しが必要になるかもしれませんよ?

新しいツイートボタンのデザイン
新しいツイートボタンのデザイン

ソース: Twitter

関連記事