iphone6s-wall

Apple、感圧タッチなどを搭載したiPhone 6s / 6s Plusを発表。情報まとめ

Appleは9日に開催されたイベントにて次世代iPhoneである「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を発表しました。9月25日に発売予定です。製品の特徴と、価格などの情報をまとめました。

iPhone 6sおよびiPhone 6s PlusはAppleが発表したスマートフォンで、iPhone 6 / 6 Plusの後継モデルです。内部ハードウェアやソフトウェアの変更が主で、外見に大きな変更はありませんが、感圧タッチカメラの性能向上などの大きな変更点がいくつかあります。

特徴は以下の通りです。

 

特徴

3D Touch

新たに発表されたiPhone 6s / 6s Plusは大方の予想通り、「3D Touch」と呼ばれる圧力を感知する新しいタッチパネルを搭載しています。これまでのタッチパネルでは「タップ」や「スワイプ」などの操作やマルチタッチが出来ましたが、iPhone 6s / 6s Plusでは新たにパネルを「押す力」によって動作を変えることが可能になりました。

この新しい動作をAppleはPeek(ピーク)およびPop(ポップ)と呼んでいます。Peekには「ちらっとのぞく」という意味があり、たとえばiMessageでリンクが送られてきたときパネルを優しく(軽く)タッチすることにより、リンク先のWebサイトをプレビュー表示することができます。一方のPopには「どっと出る」という意味があり、先ほどの例でパネルを深く(強く)タッチすることにより、WebサイトをSafariでフル表示することができます。

このように、画面を押す力によって、プレビュー動作とフルオープンなど動作に変化を持たせることが可能になったのです。

PeekとPopの例
PeekとPopの例

このPeekとPopを使い分けることで、他にもホーム画面のアプリアイコンを深くタップして「よく通話をかける相手」などのショートカットメニューを表示させたり、ホーム画面の左側を深くタップしてタスク切り替え画面を表示させたりと、いろいろな動作をさせることが出来るようです。

ここまで書きましたが、正直公式サイトにある動画等を見てもイメージがよく分かりません。実際に触ってみないと便利かどうか判断できない感じがします。

分かりやすいのはお絵かきの場面。筆圧を検知することが可能になったので、強弱を付けてより本格的なペイントが可能になりました。

 

新しいカメラ

Live Photos
Live Photos

iPhone 6s / 6s Plusでは、背面カメラが12メガピクセル(6は8MP)にアップグレードしました。また、ビデオは4Kの撮影が可能になりました。前面カメラも5メガピクセル(6は1.2MP)にアップグレードし、また撮影時に画面を発光させることでフラッシュのように使える「Retina Flash」なるものも追加されています。

中でもAppleのイチオシ新機能は「Live Photos」とよばれる機能で、これは写真を撮る際に前後数秒間も一緒に記録し、閲覧時に写真をタップすることで動画のように動かせる(再生できる)というものです。実はHTC製スマートフォンの「Zoe」カメラモードなどの前例があり、必ずしも新しい技術では無いそうです。

なお、新たに開発した画像信号プロセッサによって、より低ノイズでクッキリとした写真を撮ることが可能になったとされています。

 

A9プロセッサ

プロセッサの進化グラフ
プロセッサの進化グラフ

例のごとくアップグレードされたA9プロセッサは、前モデルと比較してCPUが70%、GPUが90%それぞれ高速だとされています。いいことです。

 

デザイン

新色「ローズゴールド」
新色「ローズゴールド」

iPhone 6s / 6s Plusでは、新たなカラーバリエーションとして「ローズゴールド」が登場しました。落ち着いたピンクみたいな色です。

また、航空機や鉄道車両などにも使われるらしい7000番台のアルミニウムを筐体の素材として採用することで、より強固なボディとなったようです。「折れにくくなった」ようですね。

その他本体のサイズなどに大きな変更は無く、前モデルに引き続きiPhone 6sは4.7インチ(1334 × 750)、6s Plusは5.5インチ(1920 × 1080)ディスプレイを搭載しています。

 

そのほかの注目点

新たにストレージ容量が128GBのモデルが登場しています。また感圧タッチ関連のパーツがかさばったのか、重量は6sが143グラム(6は129グラム)、6s Plusが192グラム(6 Plusは172グラム)とそれぞれ重くなっています。一方で、バッテリー持続時間に変更はなさそうです。

また、OSはiOS 9を搭載しています。

 

価格・発売日

価格はiPhone 6sが

  • 16GB: 86,800円
  • 64GB: 98,800円
  • 128GB: 110,800円

となっており、またiPhone 6s Plusが

  • 16GB: 98,800円
  • 64GB: 110,800円
  • 128GB: 122,800円

となっています。Apple Storeで買えるSIMフリー版の価格です。

発売日は2015年9月25日です。予約開始は9月12日16時1分からとなっています。

Apple Store

 

まとめ

新しいiPhone 6s / 6s Plus、いろいろな事が書いてありますが、そこまで派手なアップデートという感じでは無いですよね。ただ、3D Touchの登場によって今後のiPhoneの操作性がかなり変わりそうです。画面を押す強さを自在に操ることが出来るのか、早く実機を触ってみて確かめてみたいです。

Apple

関連記事