Windows 10のSiriこと「Cortana」、日本語版が登場

Windows 10の音声認識アシスタンス機能である「Cortana(コルタナ)」の日本語版が、Windows 10 Insider Preview ビルド10532にて配信開始されました。

Cortanaとは、Winodws 10で提供される音声認識アシスタンスで、iOSでいう「Siri」みたいなものです。現在は使える国、言語が限られていますが、年内にブラジル・フランスなどでも提供開始予定となっています。今回のInsider Previewアップデートで日本語のプレビュー版が配信されました。

日本語版Cortana
日本語版Cortana

日本語版Cortanaはまだ誕生したばかりの開発段階となっており、出来ることが限られています。また、出力される声も最終的に利用予定のものでは無く、既存の音声合成システムが代用されています。

タスクバーに検索ボックス、もしくは検索アイコンを表示し、クリックするだけでCortanaは有効になります。あの無駄にでかい検索ボックスは将来的にCortanaバーにする予定のものだったんですね。

検索ボックスがCortana対応に
検索ボックスがCortana対応に

マイクを搭載していないデスクトップPC等でも、USBマイクやヘッドセット等を用いてCortanaに話すことが出来ます。また、文字入力も可能です。使ってみた感じが以下のGIF。

Cortanaでリマインダーを追加してみた。
Cortanaでリマインダーを追加してみた。

コルタナさん」と発音することでCortanaを起動することが出来ます(要設定)。音声合成は聞き覚えのある、昔からあるやつですが、今後オリジナルのものに置き換えられるようです。

音声認識の精度はなかなか高そうです。リマインダーの追加のほか、カレンダーへの予定登録などもすることが出来ます。

現在はまだ出来ることが限られていて、対応していない質問をするとBing検索に移動してしまいます。今後いろいろなことが出来るようになっていくことでしょう。

本来はWindows 10 MobileやSurface等のタブレット等の機能で、デスクトップPCで使う場面はあまり無いかもしれませんが、Siri同様使う人によってはかなり便利な機能になりそうです。日本マイクロソフトさん、擬人化とかしたら受けるんじゃないですかね・・・!?

関連記事