「ロリポップ! エンタープライズプラン」レビュー。値段に見合う付加サービスが魅力

このブログはGMOペパボのレンタルサーバー「ロリポップ」のエンタープライズプランなるもので運用しています。使い始めてしばらく(半年ぐらい?)経つので軽くレビューをしようと思います。

ロリポップ! の最上位プラン

ロリポップの料金プラン
ロリポップの料金プラン

ロリポップ! はその低価格とお手軽さから、個人ブログやウェブサイトでよく使われている感じがしますが、昨年登場した新たな料金プランが「エンタープライズプラン」です。スタンダードプランの500円の4倍となる「2,000円/月」という価格は、レンタルサーバーとしてはなかなか高級な部類に入ると思います。

ロリポップ! エンタープライズプランは名前通りエンタープライズでの利用でも快適に利用できることが売りのようで、他のプランといくつか違いがあります。

 

なかなか高性能なサーバースペック

個人的にまず注目したのは、サーバースペックです。ロリポップのエンタープライズプランは他のプランよりも高性能なサーバーが割り当てられるようで、WebサーバーのCPUにXEON E5-24xx(6コア12スレッド ×2)を採用、メモリを32GB搭載しており、またMySQLサーバーも同様のスペックを有しています。ディスク容量は400GB利用可能です。

さらに、MySQLサーバーには高速SSDを採用しているとのことで、負荷が高くなりがちなWordPressの利用で有利になりそうというのも個人的にポイント高めです。

公式サイトによると、エンタープライズプランのCPUは他のプランと比べてパフォーマンスが260%高く、ディスク読み書きも4倍速いとのこと。

 

いろいろ無制限

主な機能(公式サイトから)
主な機能(公式サイトから)

エンタープライズプランではデータ転送量が無制限となっており、ヘビーユーザーでも問題なく利用出来るようになっています。また、独自ドメインの利用も無制限、マルチドメインもメールアドレスも無制限となっています。

個人的に嬉しいのはMySQLのデータベース数が100個利用可能という点です。以前利用していたSixCoreのS1プランでは5個しか使えなかったので(月額1,800円)、かなり便利になりました。WordPressやら何やらでかなりの数使いますからね。

その他、メールアドレスも無制限に作成可能となっています。

 

7世代バックアップが無料

付加サービスについて素晴らしい点を一つあげるとすれば、バックアップオプションが無料で使えるという点です。通常300円/月(これでも安い気がする)のバックアップオプションがエンタープライズプランでは無料で利用できるほか、復旧時の手数料も不要となっています。

バックアップオプション管理画面
バックアップオプション管理画面

バックアップはWebサーバーとMySQLサーバーで可能となっており、バックアップ間隔を1日1回から30日に1回(30分単位で手動設定も可能)の範囲で選択することが出来るほか、バックアップデータのダウンロードや復元も簡単にできるようになっています。

まだバックアップから復元するような場面に直面したことは無いですが、いざという時のためにあると安心ですね。他のレンタルサーバーだと、バックアップオプションがなかなか高額だったり、復元時の手数料もこれまた高額だったりすることがあるので、良心的な価格は魅力です。

 

そのほか

そのほか、僕は利用したことが無いですが、他のプランでは利用できない「電話サポート」が利用できます。どんなことでも答えてくれるんでしょうか?

PHPは2015年8月29日現在、バージョン5.4 / 5.5が利用できます(選択可能)。RubyやPythonにも対応していますが、Ruby on Railsには対応していないので注意が必要です。

 

実際に使ってみて

処理速度は割といい感じ?

これは参考程度にしかなりませんが、一応このブログのツール計測結果を貼っておきます。処理速度は割と速いほうではないですかね?ちなみにこのブログ以外にも、5つぐらいのサイトを同じサーバーで運用しています。

GTmetrix
GTmetrix

ホント、参考程度にしかならないんでしょうけれど!

WordPressを日常的に使ってみた感想としては、管理画面のページ遷移などは割と素早く快適に使えています。爆速というほどではありませんが、頑張っている方では無いかと思います。同社のレンタルサーバー「ヘテムル」も利用したことがありますが、あちらよりは断然早く、ページの表示速度も速いです。

処理性能の限界は分かりませんが、Googleアナリティクスのリアルタイム計測で100人以上になったときでも全く問題なく使えていました。また、メンテナンス時を除いて「あ、落ちてるな」と感じたことも今のところ無いですね。

なお、PHPアクセラレータの「APC」「OPCache」が利用できます。

 

ムームードメインと連携した独自ドメイン設定が簡単快適

同社のドメイン管理サービス「ムームードメイン」で独自ドメインを取得していると、設定がかなり楽です。ムームーDNSを利用することで、設定画面でチェックを入れるだけの簡単作業で独自ドメインをロリポップに登録することが出来ます。

ムームーDNSの設定画面
ムームーDNSの設定画面

レコード値って何? IPアドレスって何? って方にはかなりオススメです。同種サービス大手の「お名前.com」はグループ会社なので値段も同じぐらいの上、設定画面はムームーのほうがわかりやすくて個人的に好みです。「おさいぽ!」と呼ばれる決済システムを利用することで、ロリポップと決済方法を一元管理することも可能です。

 

ナウな機能はだいたい装備済み

もはやレンタルサーバーの標準装備となっている気もする「簡単インストール」機能はロリポップでももちろん使うことが出来、WordPress、baserCMS、EC-CUBEに対応しています。WEBメール機能やWAF、SSH、cron、アクセス制限機能も装備済みです。サーバー接続はFTPのほか、WebDAVも利用できます。

WebDAVを利用することで、DropBoxのようなクラウドストレージを構築することも可能です。400GBも使えますからね。

月額2,000円で独自SSL証明書の購入も可能です。

 

その他感想

ユーザー専用ページ
ユーザー専用ページ

ユーザーページ(管理画面)は、今風のモダンなデザインではありませんが特に迷うことが無く、使いやすいです。

値段は僕みたいな個人ブログ等の運用に使うにはちょっとリッチかもしれませんが、高性能サーバーやバックアップオプション等、値段相応のサービスであるかなと思います。MySQLに高速SSDを用いているというのが、WordPressを利用している側からみた決め手の一つです。APCやOPCacheが利用できる点もポイント高いですね。

ロリポップ! エンタープライズプランは月額2,000円、また10日間は無料試用することも可能です。


ロリポップ!

関連記事