iPhoneで使えるオススメTwitterクライアントアプリ3選(2015年版)

皆さんはTwitterクライアントアプリは何を使っていますか? 公式アプリしか使ったことがなければ、それはもったいない! ということで、僕が普段使っている、もしくは使ったことがある、クールでスタイリッシュかつ使いやすいiOS対応Twitterクライアントアプリをいくつか紹介します。

1. Tweetlogix

Tweetlogix ツイート画面 Tweetlogix 投稿画面

Tweetlogixは、オーソドックスなiOSインターフェースを採用している、シンプルかつ高機能なTwitterクライアントアプリです。UserStreamや複数アカウントにはもちろん対応しており、必要とされそうな機能はだいたい揃っています。

下部のタブに表示するアイコンは編集できるため、ダイレクトメッセージのボタンをリスト一覧のボタンに変えたりといったカスタマイズを容易にすることが出来ます。また、デザイン(カラープロファイル)を自由自在に変更・作成できます。UI自体はごくごく標準的なiOSアプリといった感じですが、それ故に非常にシンプルで使いやすいです。

カラーの詳細な編集が可能
カラーの詳細な編集が可能

動作は非常に軽快で、サクサクと使用できます。レスポンスの良さはTwitterクライアント随一なんじゃないかな? 一方、通知機能は紹介している他のアプリと比べるとやや不便といえます。リプライやDMの通知は可能ですが、それ以外は備わっていないようです。

iPhone、iPad両対応で、360円で販売されています。

AppStore – Tweetlogix

 

2. Tweetbot 3

Tweetbot 3 ツイート一覧 Tweetbot 3 投稿画面

こちらは定番のアプリですよね。Tweetbot 3はスタイリッシュなUIで「かゆいところに手が届く」Twitterクライアントです。あと微妙にかわいげのあるアイコンが特徴です。

円形のユーザアイコンやプロフィール画面など随所随所に特徴的なデザインが取り入れられており、非常に美しいです。また、複数アカウントをトップバーをスワイプして切り替えられたり、ツイートをスワイプして「ふぁぼ」やリプライが出来たりといった様々なショートカットが用意されていて、少ない作業でいろいろなことが出来るのも便利ポイントです。

通知機能も完璧で、リプライやDMはもちろん、リツイートや新規フォローなど、公式クライアント並の通知機能を有しています。

個人的にはハッシュタグの補完機能がかなり気に入っています。自分が使ったことがないタグでも推測候補に表示され、入力の手間をかなり減らすことが出来ます。また日本語にも対応しているのでとても便利です。

動作はTwertlogixほどではありませんが十分軽快で、引っかかりとかはありません。

iPhone、iPod touchに対応しており、600円で販売されています。

2015年10月3日追記: 新バージョンであるTweetbot 4がリリースされました。

AppStore – Tweetbot 4

 

3. Twitterrific

Twitterrific Twitterrific メニュー

最近割と気に入って使っているTwitterクライアントアプリがこの「Twitterrific」です。基本的にはシンプルかつスタイリッシュなUIを採用していて、スワイプでリプライが出来たりするのはTweetbotと似ています。

このアプリも下部のタブをカスタマイズ可能で、特定のリストを直で割り当てることも出来ます。特に見たいフォロワーのツイートをリストでまとめている場合にかなり便利です。

また、画面左端をスワイプしてホームやリプライ、各リスト等が一覧表示されたメニューを表示できます(上記画像2枚目)。あらゆるコンテンツが全てこのメニューに集約されているので、迷うことなく操作できていい感じです。

通知機能もフル装備です。デザインはホワイトとダークの2色があり、2本指で左右にスワイプすることで切り替えることが出来ます。フォントサイズやパーツの感覚、(欧文のみですが)フォントの変更も可能で、割とカスタマイズできます。僕の好きなフォント「Proxima Nova」が使えるのがポイント高いです!

ダークテーマ
ダークテーマ

ツイート画面で画像アイコンを長押しすると「直近の画像」を選択できるなど、ショートカットも豊富です。

iPhone、iPad両対応です。アプリ自体は無料ですが、600円課金することで広告を削除したり、プッシュ通知を有効化したり出来ます。

AppStore – Twitterrific

関連記事