Fedora 22 注目すべき変更点まとめ

新しい機能や技術をバンバン導入していくFedoraは、個人的にかなり好きなディストリビューションの1つです。2015年5月26日に最新版のFedora 22がリリースされるので、これまた個人的に注目している・ベータ版を使用して気になった変更点をまとめました。

1. Yum → DNF

おなじみのパッケージマネージャ「Yum」が「DNF」(Dandified Yum: めかし込んだYum)に置き換わります。Fedora 22ではYumコマンドも継続して使用できますが、DNFを使えと怒られます。Yumより高速と評判です。

今後は、以下のようにコマンドを使用します。

[code]sudo dnf install vim[/code]

2. GNOME 3.16

GNOME SHELL Extension

GNOMEのバージョンは現時点での最新安定版である3.16になります。GNOME Shellと高度に統合された通知機能やシンプルなスクロールバーなど、使い勝手が全体的に向上しています。

https://help.gnome.org/misc/release-notes/3.16/index.html.ja

3. KDE Plasma 5

KDEはPlasma 5が正式採用になるようです。Kubuntu 15.04を皮切りに採用が増えてきましたね。軽く使ってみたところ日本語対応はまだまだなようですが、デザインが未来的で良いですね。全体的にKDE 4の正統進化という感じです。一部のアプリケーションはKDE 4.14のバージョンが残っています。

https://www.kde.org/announcements/plasma5.0/

4. GCC5

GCCのバージョンが5.xとなり、いくつかのパッケージをリビルドしたとのことです。C言語のデフォルトが最新規格のC11 (GNU11)になるなどの変更が施されています。

5. Fedora ServerでXFSファイルシステムがデフォルトに

Fedora Server Editionでのファイルシステムの標準設定がext4からXFSに変更になるようです。Btrfsを標準採用しているopenSUSEとは方向性が違うのでしょうか。僕は全然使ったことが無いのですが、高速らしいですよ。

もっと新しい物好きの人は、開発版入れまくりのローリングリリース版Fedora Rawhideが楽しめるらしいですよ。僕はopenSUSE Tumbleweedを愛用しています。

関連記事